シャッタースピード、F値、ISOが絵の質を決める

SS1/3200で飛翔シーンを撮ります。
動きを止めたいからこれ位のSSが必要です。
しかし、それではISOが上がってしまって画質が悪くなります。
ましてやそのまま静止画を撮ってもいい絵にはなりません。
では、どうしたらいいのか?
F値を下げて出来るだけISOが上がらないようにする。
しかし、残念ながら100万円前後するレンズでなければそれは出来ません。
そんなレンズ、夢のまた夢です。
なので、飛翔シーンはそこそこで妥協せざるを得ません。
でも、静止画は綺麗に撮りたい。
SSは最高でも1/500。それまでで撮りたいのです。
そうしなければISOが上がってザラザラの写真になります。
しかしSSを落とせば手ぶれしてしまいます。
手振れ補正があっても、微妙にピント合ってないのです・・・。
何度やっても綺麗に撮れません。
技術を磨くしか、ありません・・・。
3月6日撮影。
Canon EOS 7D Mark-II+SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports。

SS1/3200、F6.3、ISO3200。
b0242140_22422746.jpg

b0242140_2243375.jpg


SS1/500、F6.3、ISO1000。
b0242140_2312533.jpg


SS1/320、F6.3、ISO640。
b0242140_22441319.jpg


SS1/320、F6.3、ISO1000。
b0242140_22521097.jpg


SS1/500、F6.3、ISO2000。
b0242140_22452316.jpg

b0242140_22461529.jpg

b0242140_22462617.jpg

[PR]

by golfisher | 2016-03-10 22:48 | 野鳥